調布七福神めぐり(1月5日)

2020年の始まりは、178団の全部門で「調布七福神めぐり」に行きました。
ブラウニー部門は電車とバスを使って、ジュニア部門は徒歩と少しだけバスを使って、シニア・レンジャーは全て徒歩で、調布の七つのお寺にお参りしてきました。

全て徒歩で回ったシニア・レンジャーに、七福神めぐりの写真を撮ってきてもらいましたのでご覧ください!

【シニア・レンジャーの七福神めぐり】

1月5日、シニア・レンジャーは七福神めぐりに行ってきした。仙川をスタートして西調布駅まで歩きで巡りました。全て歩いて行ったので合計24357歩でした!! 全ての七福神を見ることができて良かったです。

仙川の昌翁寺からスタート。昌翁寺の七福神は「壽老人」です。

つつじヶ丘方面へ歩いて明照院の「弁財天」へ。

かなり歩いて深大寺へ。七福神は「毘沙門天」です。

深大寺から佐須方面へ。祇園寺の「福禄壽」です。

布田方面へ向かい常性寺へ。「布袋尊」の前でパチリ。

布田から調布駅方面へ。布多天神の近くの大正寺「恵比寿神」です。

調布から甲州街道を西へ。西調布駅近くにある西光寺の「大黒天」がゴールです。本当によく歩きました!

夏キャンプ・西湖(8月11日~12日)

夏キャンプ3日目は、西湖でカヤック体験の日です。

初日から暑い日が続いたので、子ども達の体力が持つかと心配でしたが、2日目はみんなすぐにグッスリ眠ったのがよかったようです。

3日目は全員元気に早起きできました。

心配していたお天気も上々。

薄曇りのお天気で、暑すぎず、ちょうどいいカヤック日和となりました。

今日の朝ご飯はかやくご飯。カヤックだけに?(失礼しました!)

準備運動をして、ライフジャケットを着て、講師の先生から「パドリング」を教わります。

腕をぐるぐる回して上手にパドルを漕ぎましょう!

2人乗りのカヤックで、さあ出発!

30分ほどカヤックを漕いだ後、ライフジャケットを着て湖で泳ぎました。はじめはおそるおそるだった子ども達も、元気に水遊びを楽しみました!

カヤックから帰ったら、ジュニアが手早く夕食を作ります。シニアレンジャーはその間にキャンプファイヤーの準備で忙しい!

今年のキャンプファイヤーはレンジャーの二人が富士山の神様「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)」になって聖なる火を点しました。

キャンプの思い出をファイヤーに込めて、楽しく歌って踊りました!

今回のキャンプは、シニアレンジャーが本当に頼もしく準備や企画をしてくれました。
特にシニアが作った「キャンプ新聞」が素晴らしかったので、こちらに公開いたします!

キャンプ新聞・1号

キャンプ新聞・2号

キャンプ新聞・3号

夏キャンプ・西湖(8月10日)

キャンプ二日目は富士山の麓、青木ヶ原樹海と、洞穴・「こうもり穴」に行ってきました。

2日目も、朝からとても暑い日でしたが、樹海の中は涼しくて過ごしやすく、みんなでじっくりと自然の観察ができました。

ネイチャーガイドの「どんぐりさん」から、樹海のひみつをいろいろ教えていただきました。

さあ洞穴の入り口に入ります!

こうもり穴の中はなんと気温10度!冷蔵庫の中のようです。入ったすぐは「涼しい!」と嬉しそうだった子ども達も、最後には「寒い!」と震えていました。

洞穴の中はとても狭いところもあり、子ども達のほうがラクに通り抜けていました。

洞穴を出たら、樹海の中を歩いて「西湖野鳥の森公園」へ向かいました。途中で動物の足跡をたくさん見ましたよ!

樹海から帰ったら、ジュニアは夕食作り。ブラウニーは湖畔で貝を拾ったり砂を集めたり…

2日目の夕食は縦割りパトロールで「お料理コンテスト」! ゲームで食材を集めてそれぞれ違う食材で違うメニューで勝負です! 挽肉をゲットしたパトロールはさっそく肉団子作りです。

3つのメニューで勝負。さあ、お味はどうかな?

この「お料理コンテスト」は参加リーダー全員の審査投票で優勝が決まります。でも、どれも美味しくてリーダーは頭を悩ませました!

夏キャンプ・西湖(8月9日)

ガールスカウト東京都第178団の今年の夏キャンプは、富士五湖のひとつ、西湖(さいこ)のキャンプ場に行ってきました。

キャンプ初日は快晴。
午前中から気温がぐんぐん上がる中、バスで西湖へ出発し、2時間半ほどで湖のほとりのキャンプ場に到着しました。

キャンプ場に到着したら、湖畔で開所式です。

開所式のあとブラウニーはパトロール旗を作りました。今年のブラウニーのキャンプパトロールは「ふじさんパトロール」です。

ジュニアはテント建て。固い地面にペグを打つのに苦労しました。

初日の夕食作りはジュニア。火おこしにとまどいながらも、シニアレンジャーにコーチしてもらいながらがんばりました!

夕食のメニューは具だくさん麻婆豆腐と中華風コーンスープです。

初日の夜は湖畔で花火です。線香花火、誰が一番長持ちするかな?

入団式・フライアップ式・巣立式(4月15日)

今年度のガールスカウト東京都第178団の活動は、入団式・フライアップ式・巣立式から幕をあけました。

今年度の新入団はブラウニーが3名、ジュニアが2名の計5名です。

また、幼稚園年長さんのテンダー部門からのフライアップが1名加わって、賑やかな入団式・フライアップ式となりました。

この春巣立ちをむかえるレンジャーによる団旗入場です

ブラウニー。「やくそく」と「おきて」を大きな声で唱えられました

ジュニアは一年間の活動によって得られたバッジを授与されました

新入団のジュニア2名。茶色のチーフをリーダーから与えられます

テンダー部門(幼稚園年長)からブラウニー部門(一年生~三年生)にフライアップしました! ピカピカのブラウニーです!

シニア(中学生)を卒業して、レンジャー(高校生)へ。団を引っ張る存在へフライアップです

今期巣立ちを迎えるレンジャーの巣立ちの言葉。「私がガールスカウトを続けて一番良かったことは、自分を好きになれて、みんなと仲良くなれたことです」

活動発表会(3月11日)

ガールスカウト東京都第178団の活動の、一年の締めくくりは「活動発表会」です。

一年間の活動を振りかえり、それぞれがどんなことを経験し、どんなことを感じたのかを発表する「活動発表会」。

テンダーからシニアまで、それぞれがこの一年で得た経験はどんなものだったでしょうか? 

ブラウニーのパトロールリーダー。役目をしっかり果たしました

最初の発表はテンダーとブラウニーです。
この一年の活動を、「遊んだ」「作った」「キャンプ」の三つに分けて、その中から二つ「楽しかったこと」をそれぞれ絵に描きました。

「わたしが楽しかったのは、料理を作ったことです」


ジュニアは模造紙に活動レポートをまとめ、丁寧に発表してくれました。

ジュニアは車いす介助の経験をレポートしてくれました


シニアは、経済バッジ取得のバザー出店の活動と、東京都連の発表会で行った「よさこい」を披露してくれました。

調布市のフリーマーケットで手作りのシュシュを販売した体験を発表してくれました

よさこい、カッコよかったね!


途中にゲームやレクリエーションを挟みながらの和やかな活動発表会でした。
また来年度にむけて、がんばっていこうね!

入団式・フライアップ式・巣立式(4月16日)

4月16日に、ガールスカウト東京都第178団の入団式・フライアップ式・巣立式が行われました。

今年の入団式はブラウニーが3名、ジュニアが2名。
フライアップはブラウニーからジュニアが4名。ジュニアからシニアが5名です。

そして、レンジャー1名が巣立っていきました。

天気は快晴。新たな年度を迎えるセレモニーに、ガールスカウト達は引き締まった表情を見せていました。

ブラウニーバッジを授与。がんばった証ですね

ジュニアもキリリと

ブラウニーの新入団。「おきて」のクイズに正解したら仲間です

お見事! 「おきて」の穴埋めが完成しました!

ブラウニーからジュニアへのフライアップ。サイコロクイズに正解したら、ジュニアになれます

ジュニアからシニアへ。これからは、下の子達にいろいろな事を教える立場となります

ホロリとさせるレンジャーの巣立ちの言葉を聞いて、後継のシニア達も感じるところがあったようです。

今年もたくさんの体験ができますように。みんなでガールスカウトを盛り上げていきましょうね!

活動報告会(3月12日)

3月12日(日)の午前は、178団の一年の活動の締めくくりとなる「活動報告会」が行われました。

各部門で、この一年間どんな活動をしたのかを、資料にまとめたり、絵に描いたり、また歌やお芝居で表現したり…。

それぞれの部門らしく趣向を凝らした報告が行われました。

シニア部門の報告ではパソコンを使ってプロジェクターでプレゼンしたり、現物を持ち込んで体験を加えてみたりと、工夫あふれる発表でした。

「食の安全」をテーマに、ファストフードのフライドポテトを持ってきたシニア。実際に匂いを嗅いだりしながら、説得力のある発表をしていました

ジュニアは模造紙に資料をまとめ、一人一人の発表です

「6年生のつどい」の発表では、最後に「目指せ! パーフェクト・シニア!」で締めました

ブラウニーはキャンプや活動でいつも歌う歌や踊りを披露しました

これは「台湾のバナナ」の踊りです。けっこう難しいよ!

みんな、楽しかった一年の活動を振り返りながら、しっかり発表できました。

178団全員、よくがんばったで賞! ですね。

夏キャンプ–四尾連湖(8月19日~22日)

ガールスカウト東京都第178団の今年の夏キャンプは、山梨県の四尾連湖で行いました。

調布からバスで2時間半ほどで、山の中腹の静かな四尾連湖に到着。美しい湖のほとりで、ブラウニーは舎営、ジュニアとシニア・レンジャーはテントを建ててキャンプ場設営をしました。

まずはバスから降ろした荷物を、キャンプ場まで運びます。四尾連湖水明荘の入り口から、湖の対岸のキャンプ地までは500mほど。湖の外周をぐるりと周ってテントや炊工具を運びました。

湖を眺めながら歩いて荷物を運びました

湖を眺めながら歩いて荷物を運びました

ブラウニーも一輪車でよいしょ! 重い荷物もなんのその!

ブラウニーも一輪車でよいしょ! 重い荷物もなんのその!

荷物を運んだら、お昼のおにぎりを食べてさっそく設営にとりかかります。
6月と7月に練習したテント建て。みんなで声を掛け合って建てます

6月と7月に練習したテント建て。みんなで声を掛け合って建てます

ジュニアがテントを建てている間、ブラウニーはパトロール旗を作ります

ジュニアがテントを建てている間、ブラウニーはパトロール旗を作ります

シニア・レンジャーとリーダーで竹のテーブル作りです。角しばりをしっかりと

シニア・レンジャーとリーダーで竹のテーブル作りです。角しばりをしっかりと

キャンプ場設営完了です!

キャンプ場設営完了です!

設営が完了したら、すぐにジュニアは夕食作りです。1日目の夕食は、山梨県の郷土料理の「ほうとう」でした。
火おこし係と調理係にわかれて手早く。にんじんはスムーズに切れたけど、カボチャが固くて難しい!

火おこし係と調理係にわかれて手早く。にんじんはスムーズに切れたけど、カボチャが固くて難しい!

ゆでトウモロコシもつけて、1日目の夕食完成です

ゆでトウモロコシもつけて、1日目の夕食完成です

夕食後は、四尾連湖在住70年(!)の水明荘オーナーの方より「四尾連湖の昔話」をうかがいました。
「四尾連湖、という珍しい名前はどうしてつけられたのですか?」「どんな魚が住んでいるのですか?」などの質問に、ひとつひとつ丁寧にお答えいただきました。どうもありがとうございました!
昔は電気もガスも水道もなかった、という話にみんなが驚いていました

昔は電気もガスも水道もなかった、という話にみんなが驚いていました

キャンプ2日目の朝食は、ご飯、みそ汁、納豆、野沢菜漬け。「これぞ日本の朝食」というメニューです。
ジュニアはご飯の炊き方が上手になりました

ジュニアはご飯の炊き方が上手になりました

わかめとお麩とネギのみそ汁も美味しかった!

わかめとお麩とネギのみそ汁も美味しかった!

午前中はジュニアは竹のクラフト、ブラウニーはキャンプ場主催のお話会に参加しました。竹の食器棚、上手に作れるかな?

午前中はジュニアは竹のクラフト、ブラウニーはお話会に参加しました。竹の食器棚、上手に作れるかな?

午前中に作っておいたおにぎりを食べたら、午後からはいよいよお待ちかねのカヤックです。
しかし、おにぎりを食べている最中に小雨が降りだし、雲がだんだん厚くなってきました。「中止になるかも?」と心配したのですが、天候を見た講師の方のGOサインが出て、いよいよカヤック体験が始まりました。
雨もなんのその、元気にカヤックを漕いで水鉄砲対決! あちこちで歓声があがっていました

雨もなんのその、元気にカヤックを漕いで水鉄砲対決! あちこちで歓声があがっていました

みんなで集まって「せーの」で水鉄砲発射! 全員、とってもイイ顔です!

みんなで集まって「せーの」で水鉄砲発射! 全員、とってもイイ顔です!

この日の夜はキャンプファイヤーです。シニア・レンジャーが司会進行役となって、ブラウニーやジュニアを盛り上げました。
点火は、団委員長が武田信玄に扮して「風林火山」の旗を持ったブラウニーと一緒に行いました。
シニア・レンジャーがブラウニー・ジュニアに、たくさんの歌と踊りを伝授しました

シニア・レンジャーがブラウニー・ジュニアに、たくさんの歌と踊りを伝授しました

20160820_7
スタンツのテーマも「風林火山」。4つのパトロールが「風」「林」「火」「山」をテーマにアイデアいっぱいのスタンツを行いました。

3日目は、早朝登山の予定だったのですが、雨で足元が悪くなったため中止して、湖一周の散策を行いました。静かな湖面を見ながらのスカウツオウン。
午後になって天候が回復してきたので、予定していたおやつ作りとスイカ割りを行いました。

ブラウニーが作ったおやつは「フルーツパンチ」。リンゴやパイナップルを切りました

ブラウニーが作ったおやつは「フルーツパンチ」。リンゴやパイナップルを切りました

20160821_1-1
スイカ割り。「もっと右!」「あと一歩左!」と周囲から声が飛んでいました

スイカ割り。「もっと右!」「あと一歩左!」と周囲から声が飛んでいました

翌日から台風が接近する予報が出ていたので、昼前にはテントを畳み荷物を整理していたのですが、夜になっていよいよ上陸が確実な模様になってきました。そこで、水明荘さんのご厚意により駐車場に近いロッジに移動させていただくことになりました。
夜の移動はかなり大変でしたが、おかげで大雨の影響なく撤収作業ができました。

翌朝は、雨風が強くなる中、ロッジの軒下をお借りして閉所式を行いました。そこで、お世話になった水明荘の方に記念の盾をお渡ししました。

湖を散策した時に拾った木の実や木の葉で飾った記念の盾。全員で書いたコメントカードを貼りました

湖を散策した時に拾った木の実や木の葉で飾った記念の盾。全員で書いたコメントカードを貼りました

本当にお世話になりました。ありがとうございました!

本当にお世話になりました。ありがとうございました!

最後は友達の輪。みんなそれぞれが成長したキャンプでした

最後は友達の輪。みんなそれぞれが成長したキャンプでした

帰りのバスは、予定どおり桔梗屋工場見学へ。信玄餅工場を見学して帰途につきました。

帰路は台風上陸中で悪天候の道のりでしたが、みんな元気に調布に帰ってきました。
足元が悪い中お迎えにこられた保護者の方々、どうもありがとうございました。

ガールスカウトの日 —Gブロック緑の募金— (5月22日)

毎年5月22日は「ガールスカウトの日」といって、全国のガールスカウトが一斉に活動をする日です。

178団が所属する東京都連盟Gブロックでは、各団の活動地域で一斉に「緑の募金」を行いました。

178団では、活動拠点である調布駅前にて募金活動を行いました。

大きな声で「東京に緑を増やしましょう!」と呼び掛け、たくさんの方々に募金のご協力をいただきました

大きな声で「東京に緑を増やしましょう!」と呼び掛け、たくさんの方々に募金のご協力をいただきました


この日の募金の様子は、J:COMの地域ニュースで取り上げていただきました。
全員でカメラに向かって「一緒に活動しませんか?お友達を待ってます!」と呼びかけました。
ガールスカウトの活動がアピールできたかな?