親子でエコ・クッキング(11月19日)

11月19日は、178団の見学・体験会『親子でエコ・クッキング』を行いました。

『親子でエコ・クッキング』は、ペットボトルで発酵させたピザ生地を「段ボールオーブン」で焼き、電気もガスも使わない料理を体験する会です。

当日はブラウニー・テンダーの親子と、お手伝いのシニア、見学の方、総勢26組の参加で賑わいました。

まず、ペットボトルの中に水、サラダ油、ドライイースト、塩、砂糖、小麦粉を入れます

ピザ生地を入れたペットボトルをひたすらシェイク!シェイク!!

シェイクしたペットボトルを新聞紙にくるんで保温します

新聞紙にくるんだペットボトルを風呂敷で背中にくくりつけます。江戸時代の旅人みたい!

ペットボトルを背中に入れて、40分ほど思いっきり身体を動かしました! 発酵したかな??

発酵した生地がニョロニョロ出てきました!

生地を伸ばして丸くします

ソースとチーズとトッピングを乗せて…

段ボールオーブンで焼きます!

段ボールオーブンの中の温度は220度。ふっくらこんがり焼けました!

ピザを美味しく食べて、いっぱいおしゃべりして、最後は友情の輪です

ペットボトルに入れた生地を背中に貼り付けて発酵させ、炭とタンボールでピザを焼きました。
便利なガスやオーブンを使わなくても、美味しく温かい料理ができることを体験できたようです。
ブラウニーもテンダーも、ピザ生地発酵させるために寒い公園で汗を流すほど運動しました。
身体を動かして、楽しかったね! ピザは美味しかったね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です