入団式・フライアップ式・巣立ち式(4月18日)


ガールスカウト東京都第178団では、2021年度入団式・フライアップ式・巣立ち式を、4月18日に行いました。

感染対策のため、100人以上収容できる会場の半数50人以下、という人数制限をしたり、巣立ち式を迎えたスカウトが北海道からZoomを使って遠隔参加をしたりと、工夫をしながらのセレモニー。

今までに経験のない事ばかりで運営も準備も大変でしたが、久しぶりに全員で顔を合わせた子ども達の嬉しそうな顔を見て、みんなが喜びをかみしめた式でした。

——————————————————–

入団式は、まず178団の団旗入場から始まります。

例年の入団式では、「団旗に向かって礼」のあと、「やくそく」の唱和、「やくそくの歌」の歌唱、と続くのですが、今年度は感染対策のため、歌は取りやめてCD音源を会場に流しました。

——————————————————–

今年度の入団者はブラウニーが3名、ジュニアが1名の合計4名です。

それぞれ「やくそく」の唱和を行って、リーダーからチーフをつけてもらいました。

緊張しながらも三本の指を立てて「やくそく」をしっかり唱和することができました。

——————————————————–

ブラウニーからジュニアへのフライアップ式。


ブラウニーの赤いチーフを外して、ジュニアの茶色チーフへ。

今年からテント建ての練習を一緒にやりましょうね!

——————————————————–

今年度はレンジャー2人が巣立ちました。

テンダーから178団に入団し、この春、北海道の大学に入学したレンジャーは、札幌からZoomで巣立ち式に参加しました。

巣立った2人の言葉を別の記事で紹介しますが、本人もリーダー達も感無量の巣立ち式でした。

前年度の9月の入団式から半年、ガールスカウト東京都第178団は、ようやく4月に入団式を行うことができました。

この一年間のみんなの思いや、なんとか活動をしていこうという創意工夫を結集したような入団式。

結果的に、今までで一番思い出に残る入団式だったかもしれません。

まだまだ続くコロナ禍の中でも、「そなえよつねに」の精神を忘れず、いま自分がいる場所で、いま自分ができることをやっていこう。という決意を新たにしたセレモニーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です